ZEH への取り組み

ZEHビルダー とは


 

経済産業省は2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。

弊社では「平成28年度ZEHビルダー登録申請」を行い、2020年度に向けたZEH普及率目標50%以上を策定いたします。

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策


自社ホームページへの提示、及び完成見学会の告知など、幅広いお客様へのZEH基準の家作りを知って頂けるよう周知・普及を行います。又、ZEH仕様のモデルプランを作成し、これから新築を検討中のお客様に具体的な内容をわかりやすく見てもらえるようにします。工期の調整が取れる方には、更に掘り下げて経済産業省の補助金の概要をご説明し、1棟でも多く経済産業省ZEH補助金の交付を受けて、お客様にメリットが出るよう取り組みます。

 

ZEH  のコストダウンに向けた具体策


基本設計段階では極力コンパクトな設計を心掛け、方位、敷地、開口部の位置を把握し、太陽光と太陽熱、そして風を活用した設計を行い、光熱費を抑えます。サッシや断熱材等仕使用建材は見直しを行い、費用対効果を踏まえた最良方法を模索致します。

又床下断熱や充填断熱などの断熱工法を検討し、省力化における原価低減を目指します。

 

その他の取り組みなど


断熱性能、創エネルギーだけでなく、通風利用、昼光利用や暖房器の積極的な日射熱取得など、自然エネルギーを生かす省エネルギー化を念頭に置き間取りの制作を行います。併せて、ランニングコストも抑えるために、高効率な設備をお客様へご提案致します。ZEH基準の高性能な住まいを得ることで、心疾患や浴室でのヒートショックなどの健康被害を低減させ、長く健康に安心して住める生活をご提供致します。

 

 

ZEH 実施体制図